2021
12/3 up

Powered by CREATORS BANK

コンテスト情報の掲載

第1回 サキガケ年賀状デザインコンテスト

発表待ち
2021年08月08日〆

募集内容
2034年(令和16年)の年賀状デザイン
※「2034年(令和16年)」の未来の年賀状を期待するが、2022年の年始でも使用できるよう、作品内に、「2022年」または「令和4年」に相当する年号や元号を記載すること
※2034年の干支は寅(トラ)
※現代の技術で印刷・製造できることを要件とせず、立体作品・飛び出す絵本・3Dホログラム等、12年後に実現されているとあなたが考える技術を使った独創的な作品で可、ただし、その様子を1枚の画像と文章で表現すること
※応募者本人によるオリジナル作品に限る
※未発表・発表済みは不問
※公序良俗その他法令の定めに反する作品、誹謗中傷を含む作品、著作権その他第三者の権利を侵害している作品は不可
※著作権の移転が発生する他のデザインコンテストとの重複応募は不可
※作品を写真に撮影して応募する場合、他人の著作物等の映り込みがないよう十分注意すること
※人物を写真に撮影して作品に含める場合、その人物から、写真使用許可が無期限に得られることを条件とする
●最優秀賞 3000円分のJCBギフトカード
●優秀賞(多数) 鬼滅の刃グッズ
応募締め切り
2021年08月08日(日)
作品形式
※「あけましておめでとうございます」や「謹賀新年」等、新年の挨拶文を記載すること
※日本語以外の言葉を使用する場合や、現代の常識から考えて難解な表現を使用する場合は、その意味を説明文で説明すること
※画材・素材等は不問
※カラー・モノクロ不問
※jpegファイル(容量上限10MB、RGBカラー)で送信すること
※以下の事項を記入すること
郵便番号・住所・名前・電話番号・メールアドレス・生年月日・保護者の同意の有無
※「年賀状の未来の姿」と作品との関連性を、200~800字を目安とした文章で説明すること(文字数は目安とし、上限文字数は設定しない)
※データ化されていない手作り作品等を写真に撮影して応募することも可、ただし受賞時に応募作品の現物提出が必要な場合があるため、現物の保管に注意すること
※未就学児が手書きで描いた作品を、保護者がスマートフォンで撮影し、文章も親が代筆して記入して応募することも可
※応募は一人3点まで
応募方法
公式ホームページの応募フォームより投稿
※Googleアカウントへのログインを必要とする
参加資格
未来をカタチ創る子どもや大人
※未成年者は、保護者の同意を得て、または保護者が代理して応募すること
※応募者は、応募と同時に応募規約に同意したものとみなす
結果発表日
2021年10月発行予定の月刊お正月誌面上または公式ホームページ、SNS等にて
著作権の扱い
全応募作品の著作権その他知的財産権は応募者に帰属
主催
日本正月協会
応募先・
お問い合わせ
公式ホームページ内の問合せフォームより