2020
6/2 up

Powered by CREATORS BANK

コンテスト情報の掲載

「人間ドックの日」ロゴマーク 募集

発表待ち
2020年02月29日〆

「人間ドックの日」ロゴマーク 募集

日本人間ドック学会では、より多くの方に人間ドックを受診していただくことで、病気の早期発見につなげ、国民の健康増進に寄与することを目的として、7月12日を「人間ドックの日」として制定しました。
日本で最初に組織的な人間ドックが行われたといわれる1954年(昭和29年)7月12日に由来します。
この「人間ドックの日」をより多くの方々に知っていただくため、ロゴマークを募集することとしました。奮ってご応募ください。

募集内容
ロゴマークは、シンボルマーク(図)とロゴタイプ(文字)を組み合わせたものとします。ロゴタイプは「7月12日は人間ドックの日」を作成してください。
なお、シンボルマーク(図)とロゴタイプ(文字)は、組み合わせて使用することも、単独で使用することも想定しています。
どのような使用形態であっても利用できるデザインのご提案をお願いします。
テーマ
・人間ドックの受診を啓発する「人間ドックの日」をイメージできるデザイン
・一般国民や健診施設の職員が親しみやすく、ポジティブなイメージのデザイン
最優秀作品1点(採用作品):賞金10万円
(採用者が高校生以下の場合、賞金受領に関して保護者の同意が必要です。)
副賞・特典
2020年7月3日(金)のモダンホスピタルショウ2020内にて表彰式を行う予定です。
応募開始日
2019年12月16日(月)
応募締め切り
2020年02月29日(土)
応募作品数
お一人何点でも応募可
作品形式
Illustrator、Photoshopなどで作成されたもの(拡大縮小に耐えうるもの)
応募方法
・必要事項(氏名(ふりがな)、年齢、お勤め先又は職業、住所、電話番号)をご記入の上、作品の解説とあわせて電子メールにより送付して下さい。
・送付メールの標題は「ロゴマーク応募」としてください。
・選考用の送付ファイルは、JPEG とPDFデータの両方を揃えて送付して下さい。
参加資格
プロ、アマを問いません。どなたでもご応募可能です(個人、法人いずれも可)。
参加費
なし
審査方法
・最優秀作品1点(採用作品)を日本人間ドック学会において選考します。
・審査結果は、2020年3月を目途に日本人間ドック学会のホームページなどで発表する予定であり、採用者本人には発表前に直接ご連絡いたします。
・採用者以外の方にはご連絡いたしませんので、ご了承ください。
・審査の経過及び結果に関するお問い合わせにはお答えできません。
※万が一、採用者ご本人に連絡がつかない場合は、無効になる場合もございます。
審査員
日本人間ドック学会 広報委員会
結果発表日
2020年3月中(予定)
注意事項
・応募作品は、未発表のオリジナル作品に限ります。
・他の作品の模倣と認められる場合には、選定後であっても決定を取り消します。また、類似と認められる作品も決定を取り消す場合があります。
・公序良俗その他法令の定めに反するもの、誹謗中傷を含むもの、著作権その他第三者の権利を侵害しているものは審査の対象外になります。 また、採用決定後であっても、これらの条件に違反していたことが判明した場合、採用は無効となります。
著作権の扱い
・採用作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む)、商標権、その他一切の権利は、日本人間ドック学会に帰属します。また、成果物について、日本人間ドック学会並びに日本人間ドック学会より正当に権利を取得した第三者及び当該第三者から権利を承継した者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。
・採用作品のデザインは、選定委員の判断により、必要に応じて修正・変更する場合があります。
・採用作品は、日本人間ドック学会で広報活動等の展開をさせて頂きます(採用作品は、日本人間ドック学会及び関係団体等の印刷物、映像作品等あらゆるものに使用する予定です)。
主催
公益社団法人 日本人間ドック学会
応募先・
お問い合わせ
【応募先】
メールアドレス:info@ningen-dock.jp

【お問合せ】
TEL:03-3265-0079(受付時間:土日祝日を除く9:00-17:00)

利用規約

応募者は次に掲げる規約を承諾したものとします。

【知的財産権、著作権】
1.最優秀作品に選定された場合、デジタルデータ(Illustrator、Photoshop等)を日本人間ドック学会に提出することが必須となります。応募された時点でこれに同意したものとします。

2.採用作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む)、商標権、その他一切の権利は、日本人間ドック学会に帰属します。また、成果物について、日本人間ドック学会並びに日本人間ドック学会より正当に権利を取得した第三者及び当該第三者から権利を承継した者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。