2017
4/25 up

Powered by CREATORS BANK

コンテスト情報の掲載

横浜の魅力デザインコンテスト2016 ~うちわで伝える、横浜の魅力~

発表待ち
2016年05月06日〆

横浜の魅力デザインコンテスト2016 ~うちわで伝える、横浜の魅力~

募集内容
「街に音楽があふれだし、ワクワクする横浜」というテーマで、横浜の魅力を伝えるうちわのデザイン
◆最優秀賞(1名)
・デザインを配したうちわ25万本の配布
・副賞10万円
・「ヨコハマよみうり」1面への作品・記事紹介(読売新聞折込、フルカラー40万部)

◆読売新聞賞(1名)
・「ヨコハマよみうり」誌上での作品・記事紹介

◆横浜市民賞(1名)
・「ヨコハマよみうり」誌上での作品・記事紹介
応募開始日
2016年04月11日(月)
応募締め切り
2016年05月06日(金)
応募作品数
お一人につき10作品まで
応募方法
◆Illustrator・Photoshopを使用される方
【1】以下よりテンプレートデータをダウンロードして下さい。
【テンプレートダウンロードはこちら】
【2】注意事項ファイルをご確認頂き、ai形式もしくはpsd形式のテンプレートデータを使用して作品を制作してください。
【3】作品をJPG形式で書き出しエントリーページから応募して下さい。なお、制作データは結果発表後に入稿して頂きますので、必ず保管して頂けますようお願いします。

◆Illustrator・Photoshopを使用されない方
【1】以下の形式で作品を制作して下さい。

 ・サイズ:縦2763pixel × 横3685pixel
 ・解像度:360dpi
 ・カラーモード:CMYK
 ・ファイル形式:JPG

【2】エントリー用にカラーモードをRGBに変換したデータ(10MB以内)もご用意下さい。
【3】カラーモードRGBのエントリー用データをエントリーページから応募して下さい。なお、CMYKのデータは結果発表後に印刷データとしてご入稿頂くようになりますので必ず保管して下さい。

【Illustrator・Photoshopを使用されない方への注意事項】
うちわの印刷面への配置は主催者にて実施いたします。細かい調整やご要望はお承り致しかねますのでご了承下さい。また、テンプレートデータのファイル内にはうちわの印刷面をご確認頂けるPNGファイルもございます。印刷範囲の位置確認などにご使用される方はテンプレートデータをダウンロードして下さい。
参加資格
横浜市内在住・在勤・在学のデザイナー及びクリエイター(18歳以上)
審査方法
【一次審査】
▽各賞共通審査
主催および協力団体による審査、約5名を選考

【二次審査】
▽最優秀賞・読売新聞賞
一次審査通過者による審査会(プレゼン)を実施、受賞作品を決定
※審査会は「5月25日(水)午後」を予定
▽横浜市民賞
横浜市役所市民ホールでの実投票と横浜市サイトでのネット投票を実施、受賞作品を決定
審査員
【一次審査】
主催・協力団体

【二次審査】
横浜市文化観光局長、読売新聞局長、アークフィリア代表ほか
結果発表日
2016年6月中旬(予定)
著作権の扱い
作品の著作権は全てクリエイターに帰属するものとします。
主催
横浜市内読売会・横浜市
協力
アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
株式会社アークフィリア

利用規約

横浜の魅力デザインコンテスト2016にエントリーするにあたり、応募者は次に掲げる規定の遵守を承諾したものとします。

第1条【規約の適応範囲】
この規約(以下、本規約)は、横浜市内読売会、横浜市(以下、主催者)および(株)アークフィリア、公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団(以下、協力団体)の共同で開催される「横浜の魅力デザインコンテスト」(以下、本コンテスト)に応募する方(以下、応募者)と、主催者における全ての事項に適用されるものとします。

第2条【知的財産権】
1. 応募される作品(以下、応募作品)は、応募者ご自身が作成し、または所有しているオリジナルの作品でなければなりません。
2.応募作品は、知的財産権(産業財産権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権を受ける権利、および著作権)はもとより、第三者が有するいかなる権利をも侵害するものであってはなりません。
3.応募作品の著作権は応募者に帰属します。ただし、本コンテストの応募により、応募作品を主催者が展示・配布またはWebサイト・紙媒体等での宣伝活動等に使用することに、応募者が同意したものとします。なお、応募者は著作者人格権を行使しないものとします。
4.応募者は、主催者および協力団体が、本コンテストの全応募作品や応募者のコメントなどを宣伝広告目的および本コンテストのプロモーション目的で、応募作品の全部または一部を無償で利用することを同意し、また、当該利用に関し、著作者人格権を行使しないものとします。
5.応募作品が、知的財産権を侵害したとして警告、または訴訟の提起を受けた時は、それを応募した応募者自らが解決するものとし、主催者および協力団体は、それに関する全ての責任を負わないものとします。万一、主催者および協力団体が損害を被った場合には、当該損害を賠償するものとします。

第3条【守秘義務】
応募者は、本コンテストに参加するにあたり、主催者および協力団体から開示を受け、又は知りえた情報、資料などに対して、第三者に開示または漏洩しない旨の指示があった場合は、それに従わなければなりません。ただし、次に該当する事項に関しては、その限りではありません。
•既に公知であるもの、もしくは公知になったもの。
•情報を得る前に、既に自らが所有していたもので、その事実を立証できるもの。
•正当な権限を有する第三者から合法的な手段によるもの。

第4条【デザイン変更】
1.主催者および協力団体は、必要に応じ応募者に応募作品のデザイン変更を求めることができるものとします。
2.主催者は、主催者が規定するホームページ上の背景画像に応募者の応募作品を統合させることおよびうちわ、印刷物への正確な印刷を目的として、応募者の応募作品を適切な範囲で編集することができるものとし、応募者はこれに同意したものとします。
3.応募者の応募作品が、主催者および協力団体での作品掲載・配信時にシステム上、デザイン上で支障をきたす場合、および作品掲載・配信各サイトのガイドラインに抵触する場合、主催者および協力団体にて応募作品の編集を行うことができるものとし、応募者はこれに同意するものとします。
第5条【免責事項】
1.主催者は、主催者が不適当とした応募作品について、応募者の承認を受けることなく削除することができるものとします。また、応募作品が削除されたことにより応募者が被った損害について、主催者は一切の責任を負わないものとします。※不適当とは、第三者の知的財産権、その他の権利を侵害する恐れのあるもの、公序良俗に反するもの、 個人を特定できる情報、その他不適切であると主催者および協力団体が判断するものをいいます。
2.応募者から送信された情報に関して、主催者に帰責事由のない場合に生じた損害について、主催者は一切その責任を負いません。
3.本コンテストに応募するにあたり、万一、応募者に生じたシステム上の損害(ハードウェア・ソフトウェア問わず)について、主催者は一切その責任を負いません。
4.応募者が本コンテストへの参加によって第三者に対して損害を与えた場合、自己の費用と責任をもって解決し、主催者に損害を与えないものとします。
5.主催者は、応募者により投稿・掲載された情報の内容について、いかなる保証も行いません。
6.通信回線やコンピューターなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他主催者が提供するサービスに関して応募者に生じた損害について、主催者は一切責任を負いません。
7.主催者および協力団体が応募者自身により「クリエイター名」として投稿されたニックネームを、サイト上やその他に公表すること、およびポスター化の為に「クリエイター名」をポスターに記載する場合があることについて、応募者は予め了承するものとし、それにより生じた損害について主催者および協力団体は一切その責任を負いません。
8.主催者は、その裁量で、本コンテストを中止したり、内容を変更したり、延期することができるものとします。それによって生じた損害について、主催者は一切の責任を負いません。

第6条【個人情報の扱い】
応募者の個人情報については、本コンテストの適切な運営を行うためのみに使用するものとします。主催者は、無断でそれ以外の目的に使用したり、第三者に開示・提供することはありません。なお、主催者の個人情報保護については以下をご参照下さい。

横浜市個人情報の保護に関する条例
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/shiminjoho/kokai/jorei/ko1.html

COMPEDIAサイトポリシー
http://compedia.jp/policy/

※COMPEDIAはCREATORS BANKが主催・共催するコンテストの開催拠点であり、同サイトにおいてCREATORS BANKがコンテストを主催。共催する際は同サイトのサイトポリシーに準じます。
その他協力団体の情報セキュリティ方針、プライバシー方針等は各団体ホームページをご参照下さい。

第7条【準拠法等】
本規約の準拠法は日本法とし、本規約および本コンテストに関する一切の紛争について訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第8条【規約の変更】
主催者は応募者の承諾なく本規約を変更することがあります。必ずご確認、同意の上、ご利用ください。尚、作品応募手続後に本規約が変更された場合、応募時点での規約が有効となるものとします。

第9条【規約外事項】
1.上記以外の各事項に関しては、関連当事者との協業をもって、主催者の判断により決定・実行するものとします。
2.本規約に記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。